災害派遣医療チーム(DMAT)の活動についての説明をお聞きになる天皇、皇后両陛下=神戸市中央区の兵庫県災害医療センターで2015年1月16日午後3時4分(代表撮影)  天皇、皇后両陛下は16日、神戸市中央区の兵庫県災害医療センターを訪れ、井戸敏三知事から復興状況を聞いて活動状況を視察された。同センターは病院機能と情報指令センター機能を備えており、災害時に医療チームを派遣する「DMAT」の研修拠点にもなっている。  両陛下は、震度6~7の大地震が兵庫県で発生したと想定した時の患者搬送や、治療の訓練などの説明を受けた。天皇陛下は、東日本大震災の現場で活動した医師に「どちらに入られたんですか」「大変でしたでしょう」などと話しかけた。