ベルギーへ向け出発する皇后さま=羽田空港で2014年12月11日午前10時55分、竹内幹撮影

 皇后さまは11日午前、ベルギーのファビオラ元王妃の葬儀に参列するために政府専用機で東京・羽田空港を出発された。皇后さまの単独での海外の葬儀参列は初めて。

 皇后さまは、同日夕(現地時間)にブリュッセル空港に到着し、ブリュッセル市内のホテルで1泊。12日にサン・ミッシェル・グドゥル大聖堂で執り行われる元王妃の国葬に臨む。その後、現地での王室行事に出席し、日本時間の13日午後、帰国する。

 出発に先立ち、皇居・御所では天皇陛下、皇太子ご夫妻をはじめ皇族方が見送った。

 宮内庁によると、天皇、皇后両陛下は8日夕、ベルギーのフィリップ国王からの電話で元王妃逝去の知らせを受けられ、3人で約30分間話した。その後、天皇陛下は皇后さまが葬儀に参列するのがふさわしいとの考えを示したという。【大久保和夫】