天皇、皇后両陛下は22日、東日本大震災からの復興状況を視察するため、東北新幹線で宮城県に入られた。震災後、両陛下が宮城県を訪れるのは一昨年5月以来、3回目。

 午後は登米市の国立ハンセン病療養所「東北新生園」を訪問。これで全国14カ所(国立13、私立1)すべてのハンセン病療養所の入所者と会うことになる。この日は震災直後、避難所になった南三陸町の「南三陸ホテル観洋」に宿泊する。

 23日は同町の仮設商店街「南三陸さんさん商店街」を視察後、気仙沼市に移り、日本ジオパークに認定された岬「岩井崎」を訪ねる。24日は栃木県の那須御用邸に入って静養する。帰京は28日。