年祝賀の儀で衆院議長、参院議長らにあいさつする天皇、皇后両陛下=皇居・宮殿「松の間」で2014年1月1日午前11時6分、矢頭智剛撮影

 天皇、皇后両陛下が皇族や三権の長らから新年の祝意を受ける「新年祝賀の儀」が1日、皇居・宮殿であった。皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻ら皇族方のほか、安倍晋三首相、衆参両院議長らが両陛下にあいさつをした。

 天皇陛下は衆参両院議長らの祝意に対して「一同の祝意に対し深く感謝いたします。新しい年を共に祝うことを誠に喜ばしく思います。念頭に当たり、国の発展と国民の幸せを祈ります」と述べた。

 2日には一般参賀があり、両陛下はじめ皇族方は午前10時10分、11時、11時50分、午後1時半、2時20分の計5回、皇居・宮殿のベランダに立って祝意に応える。参賀者は午前9時半から午後2時10分まで皇居・正門から入門する。【真鍋光之】