インドに到着し、シン首相夫妻の出迎えを受けられる天皇、皇后両陛下=30日夕、インド・ニューデリー (松本健吾撮影)(写真:産経新聞)

 【ニューデリー=今村義丈】天皇、皇后両陛下は30日午前、東京・羽田空港から政府専用機でインドに向け出発し、現地時間同日夕(日本時間同日夜)に首都ニューデリーのパラム空軍基地に到着された。基地では、シン首相夫妻やクルシード外相らとにこやかに握手された。同国で首相と外相がともに出迎えるのは異例の歓待という。昨年、日本と国交樹立60周年を迎えた同国との親善のための訪問で、皇太子・同妃時代の昭和35年以来、53年ぶりの公式訪問となられる。

 羽田空港で、陛下は「このたびの私どもの訪問が国交樹立60周年を迎えた両国の相互理解と友好関係のさらなる増進に資するよう願っております」とあいさつされた。ニューデリーのホテルで両陛下は、ショールを渡されるなどヒンズー教の伝統的な歓迎を受け、笑顔で応じられた。