国立ハンセン病療養所「菊池恵楓園」を訪れ、入所者に声を掛ける天皇、皇后両陛下=熊本県合志市で昨年10月26日  天皇、皇后両陛下は22日、宮城県登米(とめ)市のハンセン病国立療養所の東北新生園(とうほくしんせいえん)を訪れる。全国には14カ所(国立13、私立1)の療養所があり、両陛下の視察は13カ所目。ただ、唯一訪問していない大島青松園(おおしませいしょうえん)(香川県)の入所者とも施設外で会っており、今回の訪問ですべてのハンセン病療養所の入所者と懇談することになる。  両陛下は皇太子夫妻時代からハンセン病患者に心を寄せ、病と偏見に苦しんできた人たちを慰め、励ましてきた。東北新生園への訪問も両陛下の強い希望で決まったという。  両陛下が最初にハンセン病療養所を訪れたのは、皇太子夫妻時代の1968年の奄美和光園(あまみわこうえん)(鹿児島県)で、1カ所を2度訪問したこともある。