ガラス窓越しにかまぼこの製造工程を見学する両陛下=15日午前10時40分ごろ、石巻市

  宮城県を訪問していた天皇、皇后両陛下は15日、東日本大震災で被災した石巻市の「白謙蒲鉾店」門脇工場で笹かまぼこの製造工程などを視察された。震災後、石巻市入りは初めて。多くの犠牲者が出たことから、以前から訪問を希望していたという。

  同社の白出征三会長が「市内3カ所の店舗と工場が津波で最大6メートル浸水しました」と被災や生産再開の状況を説明。両陛下は「随分ご苦労も多かったでしょう」といたわりの言葉を掛け、魚のすり身を串焼きにしたり包装したりする作業をガラス窓越しに見学した。

  東松島市役所では地元の首長らと会食した。両陛下は同日午後、仙台市で開かれている国連防災世界会議の開会式出席など3日間の日程を終え、JR仙台駅から専用列車で帰京した。