「新年祝賀の儀」であいさつされる天皇陛下=1日午前、宮殿・松の間

 天皇、皇后両陛下が皇族や三権の長らから新年のお祝いを受ける「新年祝賀の儀」が1日、皇居・宮殿で開かれ、天皇陛下は「新しい年を共に祝うことを誠に喜ばしく思います。年頭に当たり国の発展と国民の幸せを祈ります」と応じられた。

 宮殿「松の間」で皇太子、秋篠宮両ご夫妻ら皇族が順次あいさつし、昨年末に成人を迎えた秋篠宮家の次女佳子さまも初めて出席した。その後、両陛下は皇族とともに宮殿の各部屋を回り、安倍晋三首相や閣僚、衆参両院議長、最高裁長官らから祝賀を受けた。

 午後には、民族衣装などで正装した各国の駐日大使らが宮殿を訪れ、あいさつする。