広島市の平和記念公園を訪れ、原爆慰霊碑に向かい拝礼される天皇、皇后両陛下=4日午前

 8月に起きた土砂災害の被災者見舞いなどのため広島市に滞在中の天皇、皇后両陛下は4日午前、平和記念公園を訪れ、原爆慰霊碑に花を手向けて拝礼された。慰霊碑への供花は1996年10月以来、18年ぶり。

 慰霊碑には約29万2千人の死没者の名前を記した名簿が奉納されている。冷たい雨が降る中、両陛下は白菊の花束をささげ、静かに一礼。その様子を多くの市民らが見守った。

 引き続き、市内に四つある原爆養護ホームのうち、96年の訪問後に設立された「矢野おりづる園」に足を運び、入所している被爆者らと懇談。ほかの3施設は同年までに全て訪ねている。