青森県への訪問を終え、見送りに来た人たちに手を振る天皇、皇后両陛下=青森市の青森空港で2014年9月25日午後4時6分、徳野仁子撮影

 皇后さまは20日、傘寿(さんじゅ)となる80歳の誕生日を迎えた。これに先立ち、宮内記者会の質問に文書で回答し、55年余りとなる天皇陛下との生活について、「陛下は常に謙虚な方でいらっしゃり、また子どもたちや私を、時に厳しく、しかしどのような時にも寛容に導いて下さり、私が今日まで来られたのは、このお蔭(かげ)であったと思います」と述べた。

 皇后さまはまた、小学生だった戦時中から戦後にかけ、疎開などで計5回の転校をしたこと、栃木県・那須御用邸での昭和天皇夫妻との触れ合い、3人のお子さま方の成長ぶりも記した。

 1988年5月に78歳で亡くなった母正田富美子さんについても「私は母の生きた齢(とし)を越えました」とし、「嫁ぐ朝の母の無言の抱擁の思い出と共に、同じ朝『陛下と殿下の御心(みこころ)に添って生きるように』と諭してくれた父の言葉は、私にとり常に励ましであり指針でした。これからもそうあり続けることと思います」と心情を表した。