昨年10月の台風26号で被災した伊豆大島の視察で、町役場でボランティアらに声を掛けられる天皇、皇后両陛下=28日午後、東京都大島町(代表撮影)  天皇、皇后両陛下は28日、昨年10月の台風26号による土石流災害で39人が死亡・行方不明となった伊豆大島(東京都大島町)を日帰りで視察するため、チャーター機で同島に入られた。  大島空港到着後、両陛下は町役場で川島理史町長から被災状況の説明を受け、高校生ボランティアや消防団員ら復興に協力した人たちの代表5人にねぎらいの言葉を掛けた。民家の清掃などの活動をしたという都立大島海洋国際高校3年中溝晃弘さん(18)に、天皇陛下は「いろいろ大変だったでしょう。これからも体に気を付けて」と話した。