兵庫県立舞子高校環境防災科の大西莉加さん(右端)と成尾春輝さんから被災地での活動について説明を受けられる天皇、皇后両陛下=17日午後、神戸市中央区の兵庫県公館(代表撮影)

 神戸市の兵庫県公館で営まれた阪神大震災20年の追悼式典に出席した天皇、皇后両陛下は17日午後、引き続き公館内で、防災を専門に学ぶ県立舞子高校環境防災科の生徒、音楽療法士らから地元や東日本大震災の被災地での活動について説明を受けられた。同日夕に帰京した。

 舞子高校3年の成尾春輝さん(18)は小学校で出前授業をしたり、地域の防災訓練に参加したりした活動を説明。天皇陛下から「本当にご苦労さま」と激励され「しっかりと応えていきたい」と話した。