栽培ハウスでイチゴの摘み取りを体験する両陛下=14日午後3時25分ごろ、東松島市   仙台市で14日開幕した国連防災世界会議の開会式に出席された天皇、皇后両陛下は同日午後、東日本大震災で被災した東松島市の農業生産法人サンエイトのイチゴ栽培ハウスを訪れた。   同社の千葉久馬代表取締役から被災状況などの説明を受けた両陛下は、宮城県が開発した品種「もういっこ」の摘み取りを体験。従業員に歩み寄り「協力して頑張ってください」などと励ましの言葉を掛けた。   同社は津波で施設や機械が流失。水田のがれき撤去や除塩作業を重ね震災翌年に営農を再開し新たにイチゴ栽培に取り組んでいる。   両陛下は15日、石巻市のかまぼこ工場を視察。午後に専用列車で皇居に戻る。