「南三陸さんさん商店街」を訪問、視察される天皇、皇后両陛下=23日午前、宮城県南三陸町(代表撮影)

 東日本大震災からの復興状況を視察するため宮城県に滞在中の天皇、皇后両陛下は23日、南三陸町の仮設商店街「南三陸さんさん商店街」を訪問された。

 2012年2月に開設した商店街では、飲食店や食品店など32店舗が営業している。両陛下は、津波で店舗や工場を失った老舗かまぼこ店「及善蒲鉾」の店主らと懇談し「お店が良い発展をするよう願っています」などと励ましの言葉を掛けた。

 町が津波に襲われる瞬間を撮影、その後の復興の様子も撮り続けている写真店の店頭には、震災前後に撮影した写真が飾られ、両陛下は町職員ら43人が犠牲になった町の防災対策庁舎の場所などを確認していた。