南三陸さんさん商店街を訪問された天皇、皇后両陛下(23日午前10時55分、宮城県南三陸町で)=冨田大介撮影

 宮城県を訪問中の天皇、皇后両陛下は23日、東日本大震災で大きな被害を受けた同県南三陸町の仮設商店街「南三陸さんさん商店街」を訪ねられた。

 2012年2月に開設した同商店街には、飲食店や美容室など32店舗が軒を連ねる。両陛下は時折店の前で足を止め、地元住民らに声を掛けながら、商店街をゆっくりと見て回られた。

 両陛下は、店舗兼工場が流失しながらも、この地で再開にこぎ着けた老舗かまぼこ店に足を運び、天皇陛下は「いろいろと大変だったでしょう」「これからもお店が発展するように願っています」と語りかけられた。肉店では店の従業員らに、「よい地域になっていくといいですね」と声を掛けられた。