平和公園内の原爆落下中心地碑に供花する天皇、皇后両陛下=長崎市松山町で2014年10月11日午後3時1分、山下恭二撮影

 天皇、皇后両陛下は11日、第69回国民体育大会総合開会式出席のため空路、長崎県入りした。長崎空港に到着後、両陛下は長崎市の平和公園を訪れて原爆落下中心地碑に白菊を供えた。同公園を訪れるのは、戦後50年の慰霊の旅として長崎、広島、沖縄と東京都慰霊堂を巡った1995年以来。

 両陛下は続いて、恵の丘長崎原爆ホームを訪問した。両陛下の95年ホーム視察時にも会ったという森山君子さん(96)は車椅子で懇談。天皇陛下は「元気で頑張ってくださいね」といたわった。森山さんは「当時は脳梗塞(こうそく)のためベッドに寝たきり。起き上がろうとすると皇后さまが『そのままでいいですから。お大事にね』と励ましてくれました。あれから一生懸命、リハビリをしました。19年ぶりにお礼が言えてよかった」と涙ぐんだ。