在印日本大使夫妻主催レセプションでアローク・アワスティ国家災害対応部隊長(右)から紹介を受ける天皇、皇后両陛下=インド・ニューデリーの大使公邸で2013年12月3日午後6時5分、矢頭智剛撮影

 インド公式訪問中の天皇、皇后両陛下は3日午後、日本大使公邸でインド人ら約100人と懇談した。東日本大震災直後、宮城県女川町で救助活動を行った国家災害対応部隊のアローク・アワスティ隊長(44)に天皇陛下は「日本が一番大変な時に来てくれました。心から感謝します」と謝意を伝えた。同隊は震災時に8日間活動。遺体発見時には黙とうして追悼したという。隊長は「寒くて電気も通っておらず、トイレにも困った」と振り返りつつ「機会があったらまた行きたい。復興を祈っている」と述べた。