出迎えの人たちに手を振られる天皇、皇后両陛下(16日、野々市市で)  天皇、皇后両陛下は16日、第66回全国植樹祭に出席するため、北陸新幹線で石川県に入られた。  今年3月に延伸開業した北陸新幹線に両陛下が乗車されるのは初めて。  この日は、野々市市の県立明和特別支援学校を訪問された。両陛下は、知的・身体障害を持つ高等部の生徒たちがレジ打ちなどの接客法を学んでいる様子を見学。レジ打ちなどで使われた生徒たち手作りの品々を手に取り、マフィンや鍋敷きなど5点(計1040円)を買い求められた。  宮内庁によると、両陛下の買い物は予定外で、マフィンは17日朝にお二人で分けて食べられるという。