紅花資料館を訪問され、ガラスハウスで栽培された紅花を観賞する天皇、皇后両陛下=山形県河北町で2015年6月18日午後2時34分、佐々木順一撮影

 天皇、皇后両陛下は18日、山形県河北町の紅花資料館を訪問された。染料などに使われる紅花は山形では江戸時代から栽培が盛んで、今は内陸部を中心に生産されている。

 両陛下はガラスハウスで黄色い花を付けた紅花の栽培の説明を受けた後、紅染めの実演を見学。天皇陛下は紅花の染料が正倉院の宝物に使われていることに触れたほか、「昔は薬にも使ったんですか」などと質問した。

 その後、両陛下は山形空港で吉村美栄子知事から東日本大震災の際の支援状況を聞き、特別機で帰京した。【真鍋光之】