比島戦没者の碑に供花された天皇、皇后両陛下と話す元日本兵の松本実さん(左)=フィリピン・ラグナ州カリラヤで2016年1月29日午後0時26分、丸山博撮影

 【カリラヤ(フィリピン)高島博之】「比島戦没者の碑」への天皇、皇后両陛下の慰霊に参列した人々の中に、元陸軍第1師団副官の松本実さん(95)=東京都新宿区=がいた。約1万3000人を擁してフィリピンに派遣された第1師団で、終戦時に生き残ったのはわずか400人だった。「心を込めて慰霊してくださったことを、亡くなった戦友に報告したい」。両陛下の供花を見届けた松本さんはそう語った。

 第1師団は太平洋戦争中の1944年11月、米軍が進出したフィリピン・レイテ島に派遣された。島西部のオルモックから上陸し、北部のカリガラへ進んで米軍を攻撃せよとの命令を受けた。だが途中のリモン峠で米軍と衝突し、激戦となった。第1師団は空爆と砲撃で圧倒され、約50日間の戦闘で1万人近くが亡くなった。