高松塚古墳をご覧になる天皇、皇后両陛下 =4日午前、奈良県明日香村(寺口純平撮影)(写真:産経新聞)

 奈良県を訪問していた天皇、皇后両陛下は4日、明日香村の国特別史跡、高松塚古墳(7世紀末~8世紀初め)を初めて視察し、帰京された。

 古墳では昭和47年、「飛鳥美人」と称される女子群像や四神図で知られる極彩色壁画が見つかった。カビによる劣化が確認され、平成19年に壁画が描かれた石室を解体。壁石ごと古墳近くの施設に持ち込んで修復作業が続けられている。

 墳丘前で発見の経緯や修復作業についての説明を受け、天皇陛下は「カビは抑えることができたのですか」などと尋ねられた。隣接する高松塚壁画館では、壁画のレプリカをご鑑賞。陛下は「これからもよく保存されるといいですね」と話されていた。