紀伊半島豪雨の被災者と懇談される天皇、皇后両陛下=和歌山県田辺市で2015年9月25日午後2時15分、貝塚太一撮影

 和歌山県を訪問している天皇、皇后両陛下は25日、4年前の紀伊半島豪雨の被災者6人と同県田辺市内で懇談された。

 2011年9月、台風12号による河川の氾濫などで、同県では61人の死者、行方不明者が出ており、両陛下は被災者を直接見舞うことを希望していた。

 皇后さまは、妻と長女を亡くした同県那智勝浦町の寺本眞一町長(62)に「町民のために尽くしていただいてありがとうございました。お体はいかがですか」と気遣った。天皇陛下は、母親と長男、次男を亡くした同市の打越貴美男さん(52)に「ずいぶん心の痛みを持っていらっしゃるでしょうね」と語りかけた。

 両陛下は26日、和歌山市内である第70回国民体育大会の総合開会式に出席する。【高島博之】