「講書始の儀」で講義を受けられる天皇、皇后両陛下=12日午前、宮殿・松の間

 天皇、皇后両陛下が年頭に当たり、学問の各分野の第一人者から講義を受けられる「講書始の儀」が12日午前、皇居・宮殿「松の間」で開かれた。皇太子さまや秋篠宮ご夫妻、長女眞子さまら皇族のほか、日本学士院関係者らも傍聴した。

 今年は、名古屋大の佐藤彰一名誉教授(70)が「西洋中世修道院の文化史的意義」、大阪大の猪木武徳名誉教授(70)が「技術と労働と生産性の関係について」、自然科学研究機構の佐藤勝彦機構長(70)が「宇宙はどのように始まったのか?―現代物理学が描く創世記―」と題し、それぞれ約15分ずつ講義した。