「講書始の儀」で佳子さま(前列右から2人目)ら皇族方と講義を受けられる天皇、皇后両陛下(9日午前、皇居・宮殿「松の間」で)

 天皇、皇后両陛下が年頭に学界の第一人者から講義を受けられる「講書始(こうしょはじめ)の儀」が9日午前、皇居・宮殿「松の間」で行われた。

 今年の進講者とテーマは、川本皓嗣・東京大名誉教授(75)の「さくさくと――近代短歌を比較文学的に読む」、白石隆・政策研究大学院大学長(64)の「東南アジアの政治経済と国際関係」、中西重忠・京都大名誉教授(73)の「学習と記憶の脳のしくみ」。皇太子さまをはじめ、皇族方も熱心に聴講された。