研究室でロボットの動作をご覧になる天皇、皇后両陛下=代表撮影

 沖縄県を訪問中の天皇、皇后両陛下は19日、恩納村の沖縄科学技術大学院大学を訪問された。

 同大は今年9月、第1期生34人を迎えて開学。教員と学生の多くが外国人で、教育は英語で行われる。

 両陛下は研究棟で、自ら充電して床面を動き回る学習ロボットを視察され、天皇陛下は「色々新しい研究が進んでいるんですね」などと熱心に質問された。その後、学生たちと懇談。学生が出身国を明かすと、皇后さまが「私も行ったことがあります」と各国の地名などを挙げ、思い出話を英語で語られる場面もあった。