天皇誕生日の一般参賀で、祝意に応える天皇、皇后両陛下(23日午前、皇居で)=中嶋基樹撮影

 天皇陛下の79歳の誕生日を祝う一般参賀が23日、皇居で行われ、記帳を含めて2万8065人が訪れた。

 陛下は今年2月に受けた心臓手術に触れ、「多くの人々に心配をかけました。現在は普通と変わりなく生活していますので、どうか安心してください」とあいさつされた。

 陛下は皇后さま、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻とともに午前中に3回、宮殿・長和殿のベランダに立たれた。陛下は東日本大震災での被災者支援について、「今日ここに来られた皆さんの中にも被災者のために様々に心を使ってきた人々がおられることと思い、ここに感謝の気持ちを表します」と述べ、笑顔で祝賀に応えられた。

 午後からは宮殿で祝宴があり、皇族方や野田首相ら約380人が出席。このほか、各国の駐日大使らを招いた茶会など多くの祝賀行事が行われた。