ef81hokutosei.way-nifty.com > 国防関連

先進技術実証機X-2、初飛行

先進技術実証機X-2、初飛行

初飛行を成功させたX-2=22日午前9時4分、各務原市、航空自衛隊岐阜基地

 国産初となるステルス戦闘機開発に向け、防衛省が発注し三菱重工業などが製造した試作機「先進技術実証機(X-2)」が22日午前、初飛行試験で愛知県営名古屋空港(豊山町)を飛び立ち、航空自衛隊岐阜基地(岐阜県各務原市)に着陸、初飛行に成功した。
 午前9時5分ごろ、X-2の白を基調とした機体が随伴機のF-2、F-15とともに岐阜基地上空に姿を見せた。一度、低空で旋回した後、同10分すぎに滑走路に着陸。駐機場で見守った関係者が拍手を送る中、パイロットに花束が渡された。
 飛行時間は約20分。離陸後は、高山市など県北部の空域まで行ったとみられる。
 X-2は、レーダーに映りにくくするため電波吸収材を採用しているほか、急旋回できる性能が特徴。防衛装備庁岐阜試験場は今後、岐阜基地飛行開発実験団などと連携して飛行試験を重ね、基本的な機動性やステルス性能を確認する。