ef81hokutosei.way-nifty.com > 国防関連

先進技術実証機X-2(ATD-X)

先進技術実証機X-2(ATD-X)

先進技術実証機X-2の機体。防衛省が公開したものだが、前脚のカバー部分などの細部が分からないように修正されている(防衛省提供)【時事通信社】

 防衛省が開発を進めている純国産ジェット戦闘機の試験機X-2が2016年4月22日に初飛行した。機体だけでなくジェットエンジンも国産化した戦闘機は戦後初で、同省は今後、テスト飛行を重ねながら性能評価を実施。その結果を基にレーダーや熱センサーに捉えられにくいステルス性能を持つ超音速戦闘機の国産化を目指す。

 航空自衛隊は戦後、米国製の機体を主力戦闘機として導入してきた。16年度中に配備が始まる予定の次期主力戦闘機も米ロッキード・マーチン社製のステルス機F35Aだが、同省はその先を見据え、機体・エンジンの国産を前提とした「将来戦闘機」構想を既にまとめている。X-2は「先進技術実証機(ATD-X)」として開発が進められてきた機体で、16年1月にX-2という型式名称を与えられた。同省はその性能評価を通じ、将来戦闘機構想のベースとなる技術の開発を進める計画だ。

 ステルス技術とは、レーダー波の反射を妨げる機体デザインやレーダー波を吸収する素材、ジェットエンジンの高温排気を減らす工夫などを組み合わせ、敵から発見されにくくする軍用テクノロジーを意味する。ただし、これを戦闘機に応用する場合、ステルス性能を追求するあまり戦闘機に本来求められる高い機動性やデータ収集能力、攻撃力を犠牲にすることはできない。技術的に矛盾するいくつもの課題をクリアするには、その国の総合的な工業力が問われ、何よりも多額の開発資金が必要になる。