ef81hokutosei.way-nifty.com > 国防関連

海上自衛隊の救難飛行艇US-2

海上自衛隊の救難飛行艇US-2

新明和工業が製作した海上自衛隊のUS-2救難飛行艇(2012年10月、関 賢太郎撮影)。

国産飛行艇による旅客機、再び空を飛ぶ可能性
 ただ残念なことに風情ある旅客飛行艇の時代は長くは続かず、1941(昭和16)年の太平洋戦争勃発と同時に川西四発飛行艇は全機、海軍に接収されてしまいました。そして、以降も本土と南方を結ぶ輸送飛行艇として運用されましたが、1945(昭和20)年の敗戦に伴い全機が退役します。

 冒頭に記したとおり、この川西四発飛行艇や当時活躍した国産旅客機とYS-11、MRJとのあいだに、技術的な継承はありません。しかし川西航空機は戦後、新明和工業として再設立され、アメリカから飛行艇を導入し技術研究を行い、海上自衛隊向けの国産哨戒飛行艇PS-1を開発。“水上機・飛行艇の名門”としての伝統を復活させました。

新明和工業では現在、最新鋭のUS-2救難飛行艇を生産中です。US-2は海上自衛隊のみならずインド海軍も導入を決めており、順調に行けば戦後初となる自衛隊機の輸出例となる見込みです。

 また、US-2の派生型として離島をむすぶ旅客飛行艇の計画案も公開されており、実現は厳しいかもしれませんが、そのコンセプト図は日本史上唯一の四発旅客機「川西四発飛行艇」の姿をどこか思い起こさせます。