ef81hokutosei.way-nifty.com > 国防関連

中世の亡霊・暗黒独裁国家・北朝鮮が水爆実験

中世の亡霊・暗黒独裁国家・北朝鮮が水爆実験

北朝鮮での核実験を受け、機体下部に調査のための集じんポッドをつけたT4練習機が離陸した=6日午後、茨城県の航空自衛隊百里基地(川口良介撮影)(写真:産経新聞)

 航空自衛隊は6日、北朝鮮による水爆実験実施の発表を受け、大気中の放射性物質を収集するため集塵装置を搭載したT4練習機3機を派遣した。米空軍も航空機を朝鮮半島付近で飛行させ、放射性物質が検出されるか分析を急いでいる。

 空自は三沢基地(青森県三沢市)、百里基地(茨城県小美玉市)、築城基地(福岡県築上町)からT4が1機ずつ発進。防衛省は飛行エリアなどを明らかにしていないが、日本上空や近隣の公海上空を中心に飛行したとみられる。

 防衛省幹部は「北朝鮮の“ブラフ”の可能性もある。真偽を確認しない限り日本の安全保障に及ぼす影響を正確に分析することはできない」と指摘する。

 一方、原子力規制委員会は同日、日本各地に設置してある放射性物質の観測装置(モニタリングポスト)による監視を強化した。また、放射性物質の拡散を予測する「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)」の世界版である「WSPEEDI」の予測数値も公表した。

 6日午後6時現在、日本の空間線量の数値に異常はなかった。ただ、地下実験の場合は大気中に放射性物質が出にくく、観測されないこともある。実際、過去3回の北朝鮮による核実験で、放射性物質が日本で観測された例はない。