ef81hokutosei.way-nifty.com > 国防関連

海上自衛隊の最新鋭潜水艦「せきりゅう」が進水

海上自衛隊の最新鋭潜水艦「せきりゅう」が進水

船台から進水する潜水艦「せきりゅう」=神戸市中央区で2015年11月2日午前10時15分、久野洋撮影

 川崎重工業神戸工場(神戸市中央区)で2日、建造中の海上自衛隊の潜水艦の進水式があり、艦名は「せきりゅう」と名付けられた。

 最新鋭潜水艦「そうりゅう型」の8番艦で全長は84メートル、排水量は約2950トン。水中を20ノットで航行できる。艦名は南方を守る神聖な竜を意味する。今後、内装工事を進め、2017年3月に海上自衛隊に引き渡される。建造費は約559億円。

 進水式には防衛省や同社の関係者ら約320人が参加。支綱が切断されると、せきりゅうは船台を滑り、海に浮かんだ。【久野洋】