ef81hokutosei.way-nifty.com > 国防関連

F-3の設計・開発に使われる2種類のデジタルモックアップ

F-3の設計・開発に使われる2種類のデジタルモックアップ

F3の設計・開発に使われる2種類のデジタルモックアップ(3次元モデル)。「23DMU」(左)と「24DMU」(防衛省技術研究本部提供)(写真:フジサンケイビジネスアイ)

 大空の戦闘に革命ともいえるほどの技術変革が起きている。相手のレーダーなどに探知されにくいステルス性能を備えたハイテク戦闘機の登場により、既存の戦闘機が一気に無力化されるとみられているのだ。防衛省はステルス機全盛時代の幕開けをにらみ、航空自衛隊の戦闘機「F2」の後継機として開発する「F3」(仮称)を、敵ステルス戦闘機を封殺する「ステルス戦闘機キラー」とする計画だ。日本のお家芸ともいえる最先端の素材技術や情報通信技術を戦闘能力に変える研究が着々と進められている。

 「古い戦闘機は戦闘が始まったことにすら気付かないうちに撃ち落とされてしまうだろう」

 マーク・ウェルシュ米空軍大将は欧米など9カ国が共同開発したステルス戦闘機「F35」を特集したCBSの番組でF35の隔絶した性能をこう強調した。F35は相手に見つかる距離の5~10倍遠くから敵を攻撃できるという。

 ステルス性能は「第5世代戦闘機」と呼ばれる最新鋭戦闘機の最大の売り物だ。現在、世界で開発済みの第5世代戦闘機は航空自衛隊にも2017年度以降、42機が配備されるF35と、「世界最強の戦闘機」とされる米国製「F22」の2機種だけだが、ロシアは試作機を開発済みで、量産機の開発を急いでいる。中国も試作機を公開しており、量産機を20年までに50機、25年までに200機程度配備するとの分析もある。