ef81hokutosei.way-nifty.com > 国防関連

海上自衛隊の哨戒ヘリ搭載護衛艦「いずも」が就役

海上自衛隊の哨戒ヘリ搭載護衛艦「いずも」が就役

海上自衛隊の護衛艦「いずも」(25日午前、横浜市磯子区で、読売ヘリから)=加藤祐治撮影

 海上自衛隊としては最大となる護衛艦「いずも」が25日、就役した。

 同艦は広い甲板を持つ「ヘリ空母型」の護衛艦。有事の際は海上基地となり、ヘリコプターを運用して敵の潜水艦を捜し出すほか、大規模災害では被災者の救助や物資輸送などにあたる。

 海自によると、「いずも」は海自横須賀基地(神奈川県)に配備される。全長248メートル、排水量約1万9500トンで、ヘリコプター9機を運用することができ、手術室なども備える。建造費は約1200億円。防衛省は同型の護衛艦をもう1隻建造している。

 中谷防衛相は「訓練に精励し、1日も早く任務に即応できるよう期待する」と訓示した。