ef81hokutosei.way-nifty.com > 国防関連

御嶽山噴火 山頂付近で陸上自衛隊のヘリコプターに救助される登山者

御嶽山噴火 山頂付近で陸上自衛隊のヘリコプターに救助される登山者

御嶽山の山頂付近で陸上自衛隊のヘリコプターに救助される登山者=2014年9月28日午後0時25分、本社ヘリから小出洋平撮影

 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(おんたけさん)(3067メートル)の噴火で28日、登山者ら男性4人の死亡が確認された。山頂付近は一面、深さ40~50センチの火山灰が覆い、今も27人が意識不明のまま倒れている。「なぜ、こんなことに」--。安否確認ができない登山者の家族や友人からは、沈痛な声が漏れる。山小屋に避難するなどし恐怖とともに一夜を過ごした登山者たちは同日、次々に下山した。【神保圭作、黒川晋史、近藤隆志、藤河匠、一條優太】

 御嶽山の山頂付近で心肺停止状態で見つかった31人のうち男性4人は警察官らにかつがれ、28日夕までに長野県側のふもとに到着した。4人とも灰色のビニールで覆われ、木曽町の旧小学校校舎に運び込まれた後、死亡が確認された。安否確認ができない登山者の家族らは公民館などに集まり、登山者の所持品確認などに追われた。

 陸上自衛隊松本駐屯地によると同日、9合目以上の場所で火山灰の中に倒れている人が、目視で10人以上確認されたという。倒れていた31人のうちの一部とみられる。噴煙や険しい地形のため自衛隊員は近づけなかったが、いずれも動く気配がなかったという。王滝頂上山荘や剣ケ峰周辺では火山灰が50センチ近く積もっている。灰に埋もれたままの人もいたという。