ef81hokutosei.way-nifty.com > 国防関連

日豪韓導入のF35戦闘機、整備拠点は日豪に

日豪韓導入のF35戦闘機、整備拠点は日豪に

 アメリカ国防総省が、太平洋地域におけるF35戦闘機の修理整備作業を日本とオーストラリアが行うことを発表。巨額の経済効果が見込まれる整備事業だが、整備施設の建設自体は担当国が負担する。

 広大な太平洋をカバーするために2つの拠点が必要だったということだが、日本が選ばれたのは、最終組み立て・検査(FACO)施設への投資を行ったのも大きな要因だったようだ。ただし、韓国が自身のF35戦闘機の整備を日本に任すのか、といった疑問をロイターが投げかけている。

 F35戦闘機開発プログラムのトップである、クリストファー・ボグダン米空軍中将によれば、F35戦闘機の機体の整備・修理拠点を、北部太平洋では日本が、南部太平洋ではオーストラリアが担当する予定だ。両国は施設を2018年までに整える。

 エンジンの整備施設は、2018年初頭までにまずオーストラリアで整備され、日本はその3-5年後になる見通しだ。

 アメリカ国防総省のサイトは、太平洋地域の整備施設が2ヶ所となったのは「北太平洋の機体が新たな脅威に対処するために迅速なアップグレードを必要としているのに、オーストラリアまで7000マイル移動させる、もしくはその逆をするのは、作戦上に大きな影響がある」ためと伝えているが、アメリカの国防技術専門紙であるディフェンス・ニューズは、「日本は最終組み立て・検査(FACO)施設建設へ投資しており、整備施設を一から建設するより少ない費用で、FACOを整備施設への転用できるのは、大きな要因となっている」というボグダン中将の言葉も伝えている。