ef81hokutosei.way-nifty.com > 国防関連

レーダー照射を受け、初めて佐世保港に帰港した護衛艦「ゆうだち」

レーダー照射を受け、初めて佐世保港に帰港した護衛艦「ゆうだち」

レーダー照射を受け、初めて佐世保港に帰港した護衛艦「ゆうだち」(19日午前9時47分、長崎県佐世保市で)=川口正峰撮影

 中国海軍艦艇から火器管制用レーダーを照射された海上自衛隊第7護衛隊の護衛艦「ゆうだち」(4550トン)が19日朝、母港の海自佐世保基地(長崎県佐世保市)に帰還した。

 関係者が出迎える中、午前9時20分頃、ゆっくりと接岸。乗組員が次々と岸壁に降り立った。

 防衛省によると、ゆうだちは1月30日午前、尖閣諸島(沖縄県石垣市)から北方百数十キロの東シナ海の公海上で警戒監視中、中国海軍のフリゲート艦「ジャンウェイ2級」から、射撃目標をとらえるためのレーダーを照射された。