ef81hokutosei.way-nifty.com > 国防関連

御嶽山噴火 1列に並んで捜索する自衛隊員

御嶽山噴火 1列に並んで捜索する自衛隊員

 御嶽山で1列に並んで捜索する自衛隊員=8日午後(陸上自衛隊提供)

 御嶽山(長野・岐阜県、3067メートル)の噴火で、長野県警は8日、新たに心肺停止状態で発見し、麓に搬送した登山者1人の身元確認を進めた。長野県は、行方不明者を9人としており、この中に含まれている可能性がある。

 8日の御嶽山周辺は晴天で、県警や消防、自衛隊は朝から後方支援も含めて千人近い態勢で捜索活動を再開。不明者が取り残されている可能性が高い山頂付近に400人以上を投入した。9日も晴天が予想され、捜索を続行できる見通し。

 自衛隊によると、8日早朝、山頂付近は一部凍結していたほか、火山灰が粘土状になり足を踏み入れると25センチほど埋まる場所もあるという。