ef81hokutosei.way-nifty.com > 国防関連

海上自衛隊の哨戒ヘリ搭載護衛艦「いずも」が就役

海上自衛隊の哨戒ヘリ搭載護衛艦「いずも」が就役

就役した海自のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」=25日午前、横浜市磯子区(小野淳一撮影)(写真:産経新聞)

 海上自衛隊最大の護衛艦「いずも」が25日、横浜市のジャパンマリンユナイテッド磯子工場で就役した。自衛艦旗授与式で訓示した中谷元(げん)防衛相は「国の平和と独立を守るのは自分たちだという気概を持ち、一致団結して任務に精励してほしい」と述べた。

 いずもは、空母のような全通甲板を持つヘリコプター搭載護衛艦。哨戒ヘリ9機を搭載できるほか、陸自が購入を決めた垂直離着陸輸送機V22オスプレイも離着艦できる。同型艦の「ひゅうが」型と比べて甲板が約50メートル長く、収容人数も90人多い約470人となる。

 式典後、中谷氏は記者団に対し、いずもの活用が期待される場面として、武力攻撃には至らない「グレーゾーン事態」を挙げた。