ef81hokutosei.way-nifty.com > 国防関連

次期主力戦闘機F35、日本国内に整備拠点

次期主力戦闘機F35、日本国内に整備拠点

 ステルス戦闘機F35(米ロッキード・マーチン社提供、共同)

 米国防総省は18日、日本の企業が国際共同生産に参入している最新鋭ステルス戦闘機F35に関し、日本とオーストラリアにアジア太平洋地域の整備拠点を置くことを決定した。防衛省が同日、発表した。

 日本は航空自衛隊の次期主力戦闘機としてF35を導入する計画。防衛省は「国内の防衛産業基盤の維持や日米同盟の強化につながる」と歓迎している。

 機体整備については2018年初頭までに日本とオーストラリアそれぞれに拠点を設置。エンジンに関しては18年初頭にオーストラリアに、その数年後に日本にも置く。機体は三菱重工業小牧南工場で、エンジンはIHI瑞穂工場で整備する予定。