ef81hokutosei.way-nifty.com > 国防関連

先進技術実証機ATD-X、「年内初飛行は厳しい」防衛装備庁幹部

先進技術実証機ATD-X、「年内初飛行は厳しい」防衛装備庁幹部

研究開発を進める先進技術実証機ATD-X(防衛整備庁提供)

将来の戦闘機開発につながる重要な検証

 防衛省は将来の戦闘機開発に生かすために研究開発を進めている「先進技術実証機」について、2016年1―3月をめどに初飛行させる方針だ。当初計画から約1年遅れとなる。初飛行の後は16年度末までの1年強で技術の有効性などを検証。18年度ごろをめどに政府が次世代戦闘機を開発するかどうか判断する。新型戦闘機の開発が決まれば、設計や製造に関わる国内防衛産業に追い風となる。

 防衛装備庁幹部は同実証機の初飛行について「年内は厳しい」ことを明らかにした。エンジンなどに改善点が残っているとみられる。同実証機に関する防衛省と三菱重工業の契約は今月末までだが、数カ月間延長する方向だ。

 防衛省は将来の戦闘機開発に向け、3次元CADを用いた「デジタルモックアップ」や先進技術実証機、エンジンシステムなどの研究を並行して進める。実証機は敵のレーダーに捕捉されにくいステルス性や高い運動性などを実証する機体で、三菱重工業小牧南工場(愛知県豊山町)で地上試験などを実施中。初飛行は当初15年3月末までの予定だったが、エンジン改修などのため延期していた。