ef81hokutosei.way-nifty.com > 国防関連

航空自衛隊、那覇基地に「第9航空団」新設 尖閣防空強化

航空自衛隊、那覇基地に「第9航空団」新設 尖閣防空強化

 第9航空団の記念式典後、那覇基地上空を編隊飛行する自衛隊機=31日午後

 航空自衛隊は31日、南西諸島の防衛力強化のため、那覇基地(那覇市)に「第9航空団」を新たに置き、記念式典を開いた。東シナ海での中国の海洋進出をにらんだ措置で、同基地配備のF15戦闘機は十数機増え、約40機態勢となった。

 この日基地で行われた式典には若宮健嗣防衛副大臣が出席。隊員らを前に「南西地域の防空態勢が一層強化された。緊張感を持って任務に当たってほしい」と訓示した。式典後には第9航空団のF15戦闘機が上空を飛行した。

 那覇基地では、沖縄が本土復帰した1972年から第83航空隊が置かれ1個飛行隊のF15戦闘機二十数機が所属。今後は2個飛行隊で活動する。