ef81hokutosei.way-nifty.com > 国防関連

安全保障関連法案、参院本会議で可決・成立

安全保障関連法案、参院本会議で可決・成立

山崎正昭参院議長が安全保障関連法の成立を告げると、与党議員からは拍手が起きた=19日未明、参院本会議場(福島範和撮影)(写真:産経新聞)

 集団的自衛権の限定的な行使容認を含む安全保障関連法が19日未明の参院本会議で可決、成立した。与党は成立を歓迎したが、野党は批判を強めている。安保法成立を受けた各党幹部のコメントをまとめた。

 自民党の谷垣禎一幹事長「日本の安全、平和をきちっと確保していくにはどうしたらいいかということについて結論を出すことができてほっとしている。今回の安全保障法制が、今の日本人の憲法や安全保障の意識の中で許容しうるギリギリの範囲なのではないか」

 自民党の佐藤勉国対委員長「良識の府である参院で、(採決時の討論で)民主党や共産党まで時間オーバーしたことは、かつてないできごとだった」

 自民党の伊達忠一参院幹事長「初めから『60日ルール』を使わず、参院で結論を出していこうと参院幹部で決めていた。しっかり(法案の中身を説明する)努力をしていけば、来年の参院選も必ずわれわれは過半数という目標に行けると思っている」

 自民党の吉田博美参院国対委員長「私の地元・信州の地形と同じで山、坂が多く、難産そのもので厳しかった。責任の重さを感じた」

 参院平和安全法制特別委員会の鴻池祥肇委員長(自民党)「日本国民の命や財産を守っていくのは政治の責任だ。法律ができて安心感を国民のみなさんに受け取っていただければありがたい」