ef81hokutosei.way-nifty.com > 航空事故

航空自衛隊の飛行点検機U-125、鹿児島上空で行方不明

航空自衛隊の飛行点検機U-125、鹿児島上空で行方不明

鹿児島県上空で消息を絶った航空自衛隊の「U125」機(写真:産経新聞)

 6日午後2時35分ごろ、海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)周辺で飛行任務中だった航空自衛隊の航空機「U125」の機影が、同基地北約10キロ、上空約900メートルでレーダーから消え、消息が途絶えた。同機には6人が搭乗。自衛隊は120人態勢で警察などと消息を絶った地点に近い高隈山を中心に捜索活動を続けたが、同日深夜に一旦打ち切った。基地関係者によると、高隈山に置いた捜索拠点から約3キロ離れた地点で煙が上がっていたとの情報がある。

 空自によると、消息を絶った機は空自入間基地(埼玉)に所属。40代の男性3等空佐が機長として操縦し、副操縦士1人と整備、無線を担当する空自隊員各2人が搭乗していた。

 6日午前8時50分ごろ、入間基地を出発して、正午ごろに鹿屋基地に到着。午後1時15分ごろに鹿屋基地を離陸し、西から東に基地上空を抜け、同基地から半径10キロの地点を弧を描くように飛行し始めた直後にレーダーから姿を消した。