ef81hokutosei.way-nifty.com > 航空事故

航空自衛隊の飛行点検機U-125、鹿児島上空で行方不明

航空自衛隊の飛行点検機U-125、鹿児島上空で行方不明

航空自衛隊のU―125飛行点検機=2008年撮影

 6日午後2時35分ごろ、鹿児島県鹿屋市付近で、6人が乗った航空自衛隊入間基地(埼玉県)所属の飛行点検機「U―125」が消息を絶った。

 防衛省によると、同機は海上自衛隊鹿屋基地の北約10キロでレーダーから消えた。自衛隊などが捜索を続けている。

 県警や地元消防によると、鹿屋基地からの連絡で、鹿屋市と垂水市にまたがる高隈山に捜索隊が向かった。

 空自によると、消息を絶った点検機の機長は、40代の男性3佐。主に着陸の際に使う電波が正常に作動しているかなどを調べるため飛行していた。当時の天候は曇りで、風は弱かったという。