ef81hokutosei.way-nifty.com > 航空事故

海上自衛隊US-2、高知県沖で訓練中にエンジン脱落

海上自衛隊US-2、高知県沖で訓練中にエンジン脱落

 エンジン1基が脱落する事故を起こし、海上に浮かぶ海上自衛隊の救難飛行艇「US2」=28日午後6時40分ごろ、高知県の足摺岬沖(高知海上保安部提供)

 28日午後2時55分ごろ、高知県・足摺岬の北東約40キロの洋上で、離着水訓練中だった海上自衛隊岩国航空基地所属の救難飛行艇「US2」のエンジン1基が脱落する事故が起きた。乗組員19人は救命ボートで脱出し、民間船に救助された。4人が打撲などの軽傷。

 海自によると、訓練中に高波を受け、飛び立とうとしたところ、右翼にあるエンジンが落下し、浮具が折れた。事故調査委員会を設置し、詳しい原因を調べている。

 US2は海上の遭難者を救助するための航空機で、新明和工業(兵庫県宝塚市)が製造。波の高さが3メートル級の悪天候でも離着水が可能。