ef81hokutosei.way-nifty.com > 航空事故

広島空港で着陸失敗の韓国アシアナ事故機、撤去開始

広島空港で着陸失敗の韓国アシアナ事故機、撤去開始

広島空港で撤去の事前作業が進むアシアナ航空の事故機=4月25日18時50分 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 広島空港で4月25日夜、滑走路を逸脱した韓国のアシアナ航空(AAR/OZ)の事故機を移動する作業が行われる。事故機を滑走路脇の緑地帯から撤去することで、26日始発からは滑走路を運用する気象条件が緩和される。

【アシアナ事故機の撤去準備が進む広島空港の写真を見る】

 事故は14日午後8時すぎ、AARのソウル発広島行きOZ162便(エアバスA320型機、登録番号HL7762)が起こした。乗客73人と乗員8人の計81人は、全員が非常脱出用スライドで機外へ脱出。乗客25人と客室乗務員2人の計27人が軽傷を負った。運輸安全委員会(JTSB)の調査によると、機体は主翼と主脚、エンジン、水平尾翼、胴体後部下側などに損傷が生じた。

 この影響で、16日まで滑走路が閉鎖された。17日の暫定再開後も、ILS(計器着陸装置)が使用できなくなったため、悪天候時に欠航が生じるなどの影響が出ている。

 暫定再開後、滑走路を運用できる気象条件は地上視程が5000メートル以上で、雲の高さが地表から300メートル以上であることだった。国土交通省航空局(JCAB)では、事故機を撤去することで雲の高さ制限がなくなり、視程も1600メートル以上に緩和されるとしている。