ef81hokutosei.way-nifty.com > 航空事故

大韓航空ボーイング777、羽田空港で離陸滑走中にエンジン火災

大韓航空ボーイング777、羽田空港で離陸滑走中にエンジン火災

羽田空港のC滑走路で左翼エンジンから出火するトラブルがあった大韓航空機=27日午後(本社チャーターヘリから、大山実撮影)(写真:産経新聞)

 27日午後0時40分ごろ、東京・羽田空港のC滑走路で、羽田発ソウル行き大韓航空2708便(ボーイング777)の左翼エンジンから出火した。消火作業で約1時間半後に鎮火したが、乗員乗客319人のうち乗客19人が負傷したり体調不良を訴えたりした。

 警察庁によると、テロの兆候はない。運輸安全委員会は調査官4人を現地へ派遣、出火原因を調べている。事故の影響で、羽田空港のC滑走路は約6時間、残る3滑走路は約2時間にわたり閉鎖。約300便が欠航した。

 国土交通省や乗客の話によると、同便が出火したのは、C滑走路の南端から北西方向に離陸滑走を始めた直後。「パーン」という音がしてエンジンから出火し、急ブレーキで機体が停止した。乗客は乗務員の指示に従い、シューターで緊急脱出。海沿いの草むらで約1時間待機した後、バスでターミナルに運ばれた。

 東京消防庁によると、けがや体調不良を訴えたのは、20~70代の乗客19人(男性8人、女性11人)。うち12人は近くの病院に搬送された。多くが脱出時の擦り傷だという。

 出火当時、左翼側に座っていた福島県本宮市の会社経営、伊藤幸夫さん(66)は「機体の加速が始まると、いきなりタイヤがパンクするような破裂音がして、エンジンがオレンジ色の火を噴いた。火はすぐに収まったが、白い煙が出てきた」と語った。

 運輸安全委の調査官によると、機体が停止した位置の約700メートル手前からブレーキ痕があり、エンジンのカバーや部品が転々と落ちていた。内部の部品がエンジンカバーを突き破って飛び出したとみている。