ef81hokutosei.way-nifty.com > 航空事故

新千歳空港でJALボーイング737-800エンジンから煙、緊急脱出

新千歳空港でJALボーイング737-800エンジンから煙、緊急脱出

右エンジンに不具合があり、乗客がシューターで脱出したJALの旅客機=新千歳空港で2016年2月23日午後4時47分、手塚耕一郎撮影

 23日午後3時10分ごろ、北海道千歳市の新千歳空港で、離陸前の新千歳発福岡行き日本航空3512便(ボーイング737-800型機、乗客159人、乗員6人)の右エンジンから煙が出た。千歳市消防本部などによると、乗員が脱出用シューターを使って乗客を機外に脱出させた。2人が手首や腰を打ち、痛みを訴えている。

 国土交通省や日航によると、飛行機は駐機場から滑走路に向かう途中の誘導路で客室内に煙が流入。同時に右エンジンに不具合が出たとの表示がコックピット内で点灯した。室内に煙が充満したため、脱出用シューターを使ったという。

 この日航機は午後2時20分に新千歳を出発し、午後5時に福岡空港に到着する予定だった。

 消防によると、消防者8台が出動したが、消火活動はしていない。機内で異臭がしたという情報もあるという。【小川祐希、坂口雄亮】