ef81hokutosei.way-nifty.com > 航空事故

新千歳空港でJALボーイング737-800エンジンから煙、緊急脱出

新千歳空港でJALボーイング737-800エンジンから煙、緊急脱出

エンジントラブルを起こした機体を調べる日本航空の関係者ら(23日午後5時24分、新千歳空港で)=鈴木毅彦撮影

 23日午後3時10分頃、北海道の新千歳空港で、離陸前の新千歳発福岡行き日本航空3512便(ボーイング737―800型機)の右エンジンから煙が出て、乗客159人と乗員6人が脱出用シューターを使って緊急脱出した。

 乗客の男女4人が腰の痛みを訴えるなどの軽症。国の運輸安全委員会は、事故につながりかねない「重大インシデント」として調査を始めた。

 日航や国土交通省によると、同機は午後2時34分に駐機場から誘導路を通って滑走路に向かったが、降雪が急に強まったことから、付着した雪を解かす防除雪氷液を機体に散布するために駐機場に戻ろうとした。

 この際、客室乗務員から「煙と異臭が出ている」との報告が機長にあり、コックピットで右エンジンの異常を示す表示も出たため、緊急事態を宣言。機長がエンジンを停止して、全乗客乗員の脱出を指示したという。