ef81hokutosei.way-nifty.com > 航空事故

ハワイアン航空エアバスA330-200、羽田に緊急着陸

ハワイアン航空エアバスA330-200、羽田に緊急着陸

緊急着陸し、滑走路上で動けない状態となっているハワイアン航空機(18日午前8時33分、羽田空港で、読売ヘリから)=田中秀敏撮影

 18日午前1時半頃、羽田発ホノルル行きのハワイアン航空458便が離陸後に上空で異常を感知し、東京・羽田空港に引き返し、緊急着陸した。

 乗客乗員293人にけがはなかった。

 国土交通省によると、同機は8本のタイヤがパンクしたため動けなくなり、油漏れも確認されたことから、滑走路は一時閉鎖された。タイヤの交換や機体を移動する作業が行われ、同日午前10時45分頃に滑走路は再開した。この影響で、日本航空は、羽田空港を発着する国内線14便を欠航にし、全日空でも一部の便に遅れが出た。

 同機は同日午前0時過ぎに羽田空港を離陸したが、同1時頃に油圧システムの異常を知らせる表示が出たため、羽田空港に引き返し、緊急着陸した。